• TOP
  • その他の治療法

その他の治療法

監修:
群馬大学名誉教授
黒沢病院予防医学研究所所長
山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所
熊坂 文成/加瀬 嘉明

PSA監視療法

PSA検査が普及し、早期に発見される限局性前立腺がんが増えている。これら早期がんのうち、生物学的悪性度(臨床病期、PSA値、生検病理所見等から判断される)が非常に低く、期待余命が20年未満の前立腺がんの治療選択の一つがPSA監視療法です。すなわち、このような患者を厳重な経過観察をしながら、しかるべき時期に根治的治療を行うことになります。
本治療を行うにあたっては、PSA監視療法に対する患者の同意と理解、さらに、経過観察中における患者の協力は欠かすことが出来ません。

化学療法(抗がん剤による治療)

転移がある場合、内分泌療法の効果が薄れてくることがあります。
男性ホルモンの分泌が抑えられているにもかかわらず、進行が食い止められない前立腺がんのことを「去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)」といい、次の手段の一つとして化学療法が検討されます。
がんと上手につきあっていくために、副作用のコントロールも重視されます。
去勢抵抗性前立腺がんに対する新しい治療薬の開発は、現在も急ピッチで進められています。患者一人一人に合った薬の選択、使う順番、組み合わせ方なども研究されております。

緩和的療法

去勢抵抗性前立腺がんに対して、化学療法などの追加治療を行ってみても最終的にはほとんどの症例が緩和的療法の対象となることが多くあります。
前立腺がんの緩和的療法の対象としては、①骨転移巣の疼痛、②脊椎転移による脊椎麻痺、③排尿困難および血尿、④尿管閉塞に伴う腎後性腎不全、があります。これらに対しては、迅速に、適切な対応が求められます。