• TOP
  • 皆さんからの体験談

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。 自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

53歳 男性 公務員

投稿時 : がんの治療を終了し、定期的な検査通院中

神様がまだ、私を生かしておいてやろうと思ってくれているのだなあと思いました

3年前の9月、たまたまPET検査を受けました。その際の血液検査でPSAの数値が少し高く、泌尿器科の受診を勧められ、10月に受診し、各種検査の結果、11月に前立腺がんである事がわかりました。歳が若いことなどで、全摘手術を勧められ、12月に全摘手術を受けました。前立腺の外層までがんに冒されていましたが、尿道には転移していなかったとのことで、間一髪でした。3年経過した現在も再発は見られませんが、約6か月に1度血液検査のみ受けている状態です。この時期に、腫瘍マーカーの血液検査をしていなかったら、転移、再発の可能性が高まっており、神様がまだ、私を生かしておいてやろうと思ってくれているのだなあと思いました。友人等にはPSAの定期的な検査を受けるように進めています。

勇気づけられた言葉、場面

家内には、よく見舞いや世話をかけたと思います。何より、私も落ち込みませんでしたし、家族が動揺しなかったことが良かったと思います。

38歳 男性

投稿時 : がんの治療を終了し、定期的な検査通院中

お互いが頼るようになった

父ががんと分かったのは2007年頃だった。それまでは不仲な関係だったけど、がんがきっかけで会話も多くなり、お互いが頼るようになった。

勇気づけられた言葉、場面

本人から家のことは任せたと言われたこと。

67歳 男性 その他

投稿時 : がんの治療を終了し、定期的な検査通院中

とにかく二人で向かい合おう

年金生活に入ったばかりで、子供たちはみな出てしまい家内と二人生活でした。現役時代は営業の責任者として国内外を飛び回っているような生活であっただけに、やっと二人だけの穏やかな余生を楽しむべきと思っていた矢先のことで、かなりショックでした。
前立腺がんの検査で多分大丈夫と思って出かけたところ、医者から病期がⅢ期といわれたとき、家内も一緒に行っていましたが誰か他の人の話のように聞いていたような気がします。
帰りの電車の中で、残された家内がどうするだろうかと思いました。本人はいたって陽気に接してくれました。とにかく二人でがんに向かい合おうと言ってくれたのが印象的でした。

勇気づけられた言葉、場面

がんと宣告されて帰りの電車の中で二人で向かい合おうと言ってくれた家内の言葉

前立腺がんの体験談をもっと見るにはこちら

「がんになっても」前立腺がん体験談へ ※外部サイト