hamberger メニュー
AstraZeneca

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がんと暮らす

前立腺がん患者さんアンケート

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 加瀬 嘉明

情報・コミュニケーション(調査結果)

Q1 自分の病気について、出来るだけ家族に心配させたくない(n=558)
Q2 自分の病気の状態について、家族にも充分知っていてもらいたい(n=558)
Q3 日常では病気のことはなるべく考えたくない(n=558)
Q4 同じ前立腺がんの患者さんと、直接会って話をして、情報交換をしたい(n=558)
Q5 同じ前立腺がんの患者さんの体験談を小冊子やインターネットなどで、知りたい (n=558)
Q6 診察の待ち時間などに気軽に見られる、前立腺がん関連の情報が病院で用意されていると役に立つと思う(n=558)
Q7 病気や治療法に関する情報が不足して不安に思うことがある(n=558)
Q8 自分の現在の病状についての情報が不足して不安に思うことがある(n=558)
ページTOPに戻る