hamberger メニュー
AstraZeneca

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がんと暮らす

前立腺がん患者さんアンケート

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 加瀬 嘉明

医師との関わり(調査結果)

Q1 治療方法や、治療薬で、自分に適するものが複数ある場合、すべての選択肢について、先生に説明して欲しい(n=558)
Q2 先生が説明された選択肢の中から、自分自身で治療方法や治療薬を決定したい※Q1で「全くそう思う」「まあそう思う」「どちらとも言えない」と回答した411人の内訳
Q3 治療について先生に話をしてもらう際、客観的なデータや根拠も一緒に見せてもらえると、よりわかりやすいと思う(n=558)
Q4 診察時の先生からの説明は、自分が一度に理解出来るだけの内容にとどめてほしい (n=558)
Q5 先生と、もっと長い時間、話をしたり、相談をしたい(n=558)
Q6 先生に、病気や治療の今後のことについて、より詳しく話を聞きたい(n=558)
Q7 先生に、何か相談や質問をしたいけれども、出来ないことがある(n=558)
Q8 他の先生にも、自分の病状や治療に関して、話を聞いてみたいと思う(n=558)
Q9 注射や、飲み薬の副作用が常に気になる (n=558)
Q10 注射される時の痛みが気になる (n=558)※「不明」には注射の経験がない人も含む
ページTOPに戻る