AstraZeneca

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がんと暮らす

はつらつ食堂

「はつらつ」とした毎日のために、ローカロリー・ローコレステロールで栄養バランスが良く、季節感のあるレシピをご紹介していきます。

豆乳マンゴー寒天

マンゴーは、免疫力を高めるβ-カロテンやビタミンCが豊富で、色素の成分にはがん予防に役立つといわれるエリオシトリンなどが含まれています。豆乳には、前立腺がんの予防に役立つと言われるイソフラボンやサポニンなどの抗酸化成分が含まれています。

栄養価(1人分)

エネルギー 130.0
タンパク質(g) 2.2
脂質(g) 1.9
ビタミンE(mg) 2.9
塩分(g) 0.0
コレステロール(g) 0.0
食物繊維(g) 1.5

材料(2人分)

粉寒天 1g
豆乳 100cc
メープルシロップ 大さじ1
マンゴー 小1個(実の部分で200g)
レモン汁 小さじ2

作り方

  1. 丸1個のマンゴーは皮をむき、平たい種の両側(平たい面側)を切り落として粗く刻んでからつぶし、レモン汁を加えて混ぜ合わせます。
  2. 鍋に粉寒天と豆乳を入れてよく混ぜて溶かし、1の半量を加えて火にかけてさらに、よく煮溶かします。1~2分沸騰したら、火を止め、粗熱をとり、メープルシロップを入れます。
  3. 2を容器に流し入れ、冷やし固めます。
  4. 1の残り半量を鍋に入れて少し煮詰め、さましてから3の上にかけていただきます。

※お好みでミントなどを飾ります。

ワンポイントメモ

デザートは生クリームなどを使うと脂肪分が高くなります。今回は、イソフラボンやサポニンなどが豊富な豆乳を使い脂肪分を抑えました。固めるのはゼラチンでもよいのですが、寒天の方が、コレステロールの上昇を抑える食物繊維が豊富に含まれ、低カロリーなのでおすすめです。

応用メモ

甘味には砂糖よりもミネラルが多く、少量で甘味を感じるメープルシロップを使いました。なければ白砂糖でもかまいません。最近は冷凍マンゴーもスーパーで売られています。皮と種を外してあるので使いやすいでしょう。

ご利用上の注意

こちらのレシピならびにコラムには、有効成分などの表記が含まれていますが、「この食べ物を食べたら病気が治る」というものではなく、「大量に摂取すると健康になる」といったものでもありません。

これらのコラムを参考にしていただき、日々の食事を豊かにしていただくことにご活用ください。

ページTOPに戻る