AstraZeneca

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がんと暮らす

はつらつ食堂

「はつらつ」とした毎日のために、ローカロリー・ローコレステロールで栄養バランスが良く、季節感のあるレシピをご紹介していきます。

黒豆ごはん

おせち料理で残った黒豆をお米と混ぜて炊けば、赤飯のように色鮮やかに炊きあがります。黒豆には、サポニンやイソフラボン、アントシアニンなどの有効成分が豊富に含まれています。

栄養価(1人分)

エネルギー 205.0
タンパク質(g) 7.4
脂質(g) 3.1
ビタミンE(mg) 0.3
塩分(g) 0.0
コレステロール(g) 0.0
食物繊維(g) 2.8

材料(2人分)

黒豆 30g
1合
1カップ
大さじ1

作り方

  1. 黒豆は、洗って水気をよく拭き取り、油をひかずにフライパンで、20分位豆の皮がはじけて割れる位まで空炒りします。
  2. 米はといで、水気を切り、30分以上水につけます。
  3. 炊飯器に、米を入れて水加減し、黒豆・酒を入れて炊き、炊きあがったら底から混ぜ返して、蒸らします。

ワンポイントメモ

黒豆には、コレステロールを抑えるサポニンや、前立腺がん予防などに効果があると言われるイソフラボン、また強い抗酸化作用のある色素成分アントシアニンなどが含まれます。充分に炒らないと消化に悪いので注意しましょう。市販の炒り黒豆を使うと便利ですが、塩分を含んだものもあるので、その際は塩分を加減してください。

応用メモ

節分で余った炒り大豆を使ってもよいでしょう。他にニンジンやゴボウなどの根菜や油揚げ、コンニャクなどの具材に、塩や醤油、酒を加えて、炊き込みごはんにしてもよいですし、餅米を使っておこわにしてもおいしくいただけます。

ご利用上の注意

こちらのレシピならびにコラムには、有効成分などの表記が含まれていますが、「この食べ物を食べたら病気が治る」というものではなく、「大量に摂取すると健康になる」といったものでもありません。

これらのコラムを参考にしていただき、日々の食事を豊かにしていただくことにご活用ください。

ページTOPに戻る