AstraZeneca

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がんと暮らす

はつらつ食堂

「はつらつ」とした毎日のために、ローカロリー・ローコレステロールで栄養バランスが良く、季節感のあるレシピをご紹介していきます。

けんちん汁

寒い冬には、できるだけ体を温めましょう。温めることで体の抵抗力も高まります。根菜をたっぷり使った熱々のけんちん汁は、体を温め、ビタミンやミネラルなどの栄養がしっかりとれる逸品です。

栄養価(1人分)

エネルギー 169.0
タンパク質(g) 5.4
脂質(g) 8.8
ビタミンE(mg) 0.5
塩分(g) 2.0
コレステロール(g) 0.0
食物繊維(g) 3.9

材料(2人分)

ダイコン 40g
ニンジン 30g
サトイモ 50g
ゴボウ 40g
コンニャク 40g
シメジ 30g
豆腐 1/4丁(100g)
青ネギ 少量
だし 400cc
小さじ1/2
醤油 小さじ1
七味唐辛子 少量
ごま油 大さじ1
葛粉(または片栗粉) 大さじ1

作り方

  1. 豆腐はザルなどにのせて、水切りしておきます。コンニャクは、一度茹でてから水を切り、薄切りにしてから小口切りにします。
  2. ダイコン、ニンジンはよく洗っていちょう切りに、サトイモは皮を剥いて輪切りに、ゴボウは洗ってささがきに、シメジは石づきをとってほぐします。だし汁をとった昆布も短冊切りにします。(ダイコン、ニンジンは安全なものなら皮付きのままでかまいません)
  3. 鍋にごま油を入れて熱し、豆腐を炒め、次にコンニャクを加えて炒め、さらに2を加えて炒めます。
  4. だし汁を加えてアクをとり、具が柔らかくなったら、塩、醤油で調味します。水で溶いた葛粉を加えて混ぜ、透明感が出るまで煮ます。
  5. 刻んだネギを散らし、七味唐辛子をふります。

ワンポイントメモ

根菜やキノコ、コンニャクには、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、腸内の善玉菌の餌となり腸内環境を整え、整腸作用だけでなく免疫力を高めることにも関与しています。また、だしをとった昆布も捨てずに食べましょう。昆布に含まれるアルギン酸やフコイダンという成分には、がん予防やコレステロール低下作用があると言われています。

応用メモ

今回は、体が温まるように、葛粉でとろみをつけ、七味唐辛子を添えました。柚子や山椒、シソを添えても、香りがよく食が進みます。具材は、カブや白菜、レンコンなどの野菜や、ワカメやとろろ昆布などの海藻を入れてもよいでしょう。

ご利用上の注意

こちらのレシピならびにコラムには、有効成分などの表記が含まれていますが、「この食べ物を食べたら病気が治る」というものではなく、「大量に摂取すると健康になる」といったものでもありません。

これらのコラムを参考にしていただき、日々の食事を豊かにしていただくことにご活用ください。

ページTOPに戻る