hamberger メニュー
AstraZeneca
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

前立腺がんへのよくある質問

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 熊坂 文成/加瀬 嘉明

キーワードでも絞り込めます

分からないこと、不安に思うことなど、よくある質問に専門医がお答えしています。

前立腺肥大症

早期発見と発見が遅れた場合では、その後の治療や予後にどのような違いがあるのですか?

早期発見の場合は、内分泌療法や放射線療法、前立腺全摘除術など治療選択肢も多く、根治する可能性が高くなります。一方、発見が遅れた場合は、治療の選択肢も少なくなり、根治が難しくなります。前立腺がんは早期発見に努めることが大切です。50歳を過ぎたら年に1度はPSA検査を受けましょう。

早期前立腺がんと診断され、手術を受けました。手術後の再発率はどのくらいですか?

根治を目的にして前立腺を摘出しても、術後5年以内に25~35%が再発してしまいます。しかし、この再発とは、術後低下したPSA値(0.1ng/mL未満)が再上昇を始めた(0.2ng/mL以上)というもので、画像診断では再発の場所が特定されない「PSA再発」です。これが進行すると、がん病巣がCT検査や骨シンチグラフィーなどで明らかに見えるようになり、「臨床的再発」となりますが、それでもすぐには症状としては現れないことがあります。

前立腺肥大症を治療すれば、前立腺がんにはならないのですか?

前立腺肥大症は良性の腫瘍で、前立腺がんは悪性の腫瘍ですが、医学的にはまったく別の病気です。ですから、治療法にもよりますが、肥大症を治療しても、直接、がん予防になるとは限りません。肥大する場所(内腺)と、がんができやすい場所(外腺)が異なるため、内腺のみを切除する前立腺肥大症の手術では、がんになる可能性はなくなりません。

前立腺肥大症がひどくなっても、前立腺がんにはならないと聞きましたが、前立腺肥大症の人が前立腺がんを併発することはありますか?

前立腺がんも前立腺肥大症も、加齢とともに増えてくる病気です。前立腺肥大症が前立腺がんになることはないと考えられていますが、2つの病気が併発することはあります。

最近尿が出にくくなりましたが、前立腺がんの可能性はありますか?

前立腺がんでは、前立腺にできたがんがある程度大きくなると尿道を圧迫するようになり、尿が出にくくなるといった症状がみられることがあります。前立腺肥大症でも、肥大した前立腺が尿道を圧迫するために同じような症状があらわれます。尿が出にくいなど気になる症状がある場合には、泌尿器科を受診して検査を受けることが大切です。

前立腺肥大症から前立腺がんになることはありますか?

前立腺肥大症は良性の病気であるのに対し、前立腺がんは悪性の病気であり、これらはまったく別の病気であると考えられています。したがって、前立腺肥大症から前立腺がんに進むことはないと考えられます。

前立腺肥大症と前立腺がんはどう違うのですか?

前立腺肥大症は、前立腺の病気のなかでもっとも多くみられる病気です。良性前立腺腫大(Benign Prostate Enlargement, BPE)という、過剰に成長した前立腺組織に尿道が圧迫され狭くなることにより尿の流れが妨げられる状態に、膀胱下(尿道)閉塞(Bladder Outlet Obstruction,BOO)、下部尿路症状(Lower Urinary Tract Symptoms,LUTS)が絡み合うことで、さまざまな排尿障害があらわれます。尿がでにくい、トイレの回数が多くなる、尿をしたあとすっきりしない、などの自覚症状(下部尿路症状)があらわれます。排尿に関連する症状があらわれるようになると日常生活に支障をきたすこともあるため、適切な治療が必要になります。しかし、なかには前立腺腫大があっても症状がみられない人もいます。

一方、前立腺がんは、主に外腺(尿道から離れた部分:辺縁領域)に発生するため、早期では自覚症状はあらわれません。がんが進行し、尿道や膀胱を圧迫するようになると、排尿時の症状や血尿などがあらわれるようになりますまた、良性前立腺腫大は前立腺がんに進むことはないと考えられています。

ページTOPに戻る