hamberger メニュー
AstraZeneca
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がん大辞典

前立腺がん大辞典

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 熊坂 文成/加瀬 嘉明

医療用語は専門家が使うため、一般の方々には耳慣れない言葉が多いと思います。ここでは、がん医療で比較的多くつかわれる用語について説明いたします。

は行

排尿障害 [はいにょうしょうがい]

排尿状態の異常を総称したもので、排尿困難、尿線(放尿の際に描く線)の異常、二段性排尿、尿閉、尿失禁および遺尿などがあります。

詳細を見る

白血球 [はっけきゅう]

血液中の血液細胞の一種であり、細菌、ウイルス、真菌(カビ)といった外敵やがんから身体を守る働きをしています。

詳細を見る

副作用 [ふくさよう]

治療によって、本来の目的である作用や効果とは違う、ほかの作用や効果が現れたり、生体に不都合な状況が引き起こされたりすること。

詳細を見る

ホルモン療法 [ほるもんりょうほう]

ホルモンが発育に関わるがんに対して、ホルモンの働きを抑える薬を用いる治療法。がんの場合は、主に乳がん、子宮がん、前立腺がんで使われています。

詳細を見る

ページTOPに戻る