hamberger メニュー
AstraZeneca
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がん大辞典

前立腺がん大辞典

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 熊坂 文成/加瀬 嘉明

医療用語は専門家が使うため、一般の方々には耳慣れない言葉が多いと思います。ここでは、がん医療で比較的多くつかわれる用語について説明いたします。

A~Z

CT検査 [CTけんさ]

体を通り抜けたX線の強弱をコンピュータで計算して体の断面図を得る検査。CTはコンピュータ断層撮影の略。

詳細を見る

MRI検査 [MRIけんさ]

磁気を使って体の断面図を描く検査。MRIは磁気共鳴断層撮影の略。体に強い磁場をかけた状態にすることにより、正常な組織と異常な組織を区別して、断面図を白黒で描き出します。

詳細を見る

PSA検査 [PSAけんさ]

前立腺がんを早期発見するための検査法。PSAはprostate specific antigen(前立腺特異抗原)の略で、前立腺から分泌されるPSA蛋白という物質が血液中にどれだけ存在するかを測定します。

詳細を見る

QOL [QOL]

生活の質や人生の質。クオリティ・オブ・ライフの略。病気そのものに伴う症状、治療の副作用や後遺症などによって、これまで簡単にできていたことができなくなるなど、生活の質に変化が起こります。

詳細を見る

TNM分類 [TNMぶんるい]

がんの進行度を判定する基準で、国際対がん連合が採用している病期分類。病期とはがんの進行度を示します。

詳細を見る

ページTOPに戻る