hamberger メニュー
AstraZeneca

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がん大辞典

前立腺がん大辞典

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 熊坂 文成/加瀬 嘉明

医療用語は専門家が使うため、一般の方々には耳慣れない言葉が多いと思います。ここでは、がん医療で比較的多くつかわれる用語について説明いたします。

テストステロン [てすとすてろん]

主に精巣でつくられる男性ホルモン。

精巣のほか、副腎からもわずかに分泌されています。テストステロンなどの男性ホルモンは体の様々なところに関係するホルモンです。前立腺がんの場合はテストステロンに刺激されて、発生し進展します。そのため、テストステロンの分泌を減らしたり、働きを妨げたりする薬をもちいたホルモン療法が行われます。前立腺がんで精巣をとる外科治療(除睾術)は、テストステロンの分泌を減らすために行うものです。

ページTOPに戻る