hamberger メニュー
AstraZeneca
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
前立腺がん大辞典

前立腺がん大辞典

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 熊坂 文成 先生/加瀬 嘉明 先生

医療用語は専門家が使うため、一般の方々には耳慣れない言葉が多いと思います。ここでは、がん医療で比較的多くつかわれる用語について説明いたします。

CT検査 [CTけんさ]

体を通り抜けたX線の強弱をコンピュータで計算して体の断面図を得る検査。CTはコンピュータ断層撮影の略。

体の周囲を360度回転するX線発射装置からX線を当てて、コンピュータで処理することにより、1センチから数ミリ間隔の白黒の、体の輪切り画像が得られます。X線の吸収の少ない空気は黒く、吸収の多い骨は白く写ります。病気の診断や進行具合を詳しく調べるときに行う検査です。患者さんは寝台にあおむけに横たわった状態で検査を受け、時間は約5分程度かかります。ふつうのX線検査に比べて、骨のうしろに隠れているがんや臓器の重なりがある部分にあるがんも見つけやすいなど検査の精度が高まるのが利点です。

さらに詳しく調べるために、造影剤を使って検査することもあります。最近では、3次元の立体画像を描くことができるヘリカルCT検査も使われるようになりました。

ページTOPに戻る