hamberger メニュー
AstraZeneca

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
PSA検査を受けましょう

検診と診断方法は?

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 加瀬 嘉明

PSA検査とは?

PSA検査は、採血のみの検査で、血液中にある前立腺に特異的なタンパク質の一種「PSA」の値を測定します。スクリーニング検査のなかで、もっとも精度が高く、簡単に受けることができます。

PSAの値が高くなるにつれ、前立腺がんである確率も高くなっていきますが、年齢により基準値が設けられています。

PSAの値は、前立腺肥大症や前立腺炎でも高値になることがあるため、基準値以上の値が出ると、専門医を受診し、前立腺がんであるかを確定するための、より詳しい検査を受けることになります。

※PSAの基準値以下の進行がん(PSA陰性がん)を見逃さないためには、直腸内触診を。
※人間ドック受診の機会がある方、父、兄弟、子に前立腺がん患者がいる場合は、40歳からの定期検診を。

年齢階層別基準値による前立腺がん検診のお勧め

年齢 基準値 PSA値
P1.0ng/mL以下 1.1ng/mL~基準値 基準値以上
50~64 3.0ng/mL以下 3年に1度検査 1年に1度検査 専門医受診
65~69 3.5ng/mL以下 3年に1度検査 1年に1度検査 専門医受診
70~ 4.0ng/mL以下 3年に1度検査 1年に1度検査 専門医受診
年齢 50~64
基準値 3.0ng/mL以下
PSA値 P1.0ng/mL以下 3年に1度検査
1.1ng/mL~基準値 1年に1度検査
基準値以上 専門医受診
年齢 65~69
基準値 3.5ng/mL以下
PSA値 P1.0ng/mL以下 3年に1度検査
1.1ng/mL~基準値 1年に1度検査
基準値以上 専門医受診
年齢 70~
基準値 4.0ng/mL以下
PSA値 P1.0ng/mL以下 3年に1度検査
1.1ng/mL~基準値 1年に1度検査
基準値以上 専門医受診

PSA検査が有用な理由

前立腺がんの早期発見にはPSA検査が有用です。
PSAとは前立腺に特異的なたんぱく質の一種で、前立腺がんになるとPSA値が高くなります。

PSAは正常の場合でも血液中にわずかに存在しますが、前立腺がんになると血液中に大量に流れ出ます。

PSA検査はこの性質を利用した精度が高い優れた検査法です。

ページTOPに戻る