hamberger メニュー
AstraZeneca

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
PSA検査を受けましょう

検診と診断方法は?

監修:
群馬大学名誉教授 黒沢病院予防医学研究所所長 山中 英壽 先生
協力:
黒沢病院予防医学研究所 加瀬 嘉明

1年に1度の検査

前立腺がんの危険因子のひとつは「年齢」です。
50歳を過ぎると罹患率が急激に増加するため、50歳を過ぎたら1年に一度受けることが推奨されています。

なお、前立腺がんのかかりやすさには、「家族歴」もあげられています。そのため、前立腺がんと診断されたご家族のいる男性は、早期発見のためにできれば40歳になったらPSA検査を受けることが勧められています。

また、人間ドックなどの受益者負担によるPSA検査は、がん発見率は低いのですが、高危険度群の同定のために、40歳からの測定が勧められています。(※)

(※)日本泌尿器科学会編 前立腺がん検診ガイドライン2010年増補版

年齢階級別推定罹患率(2008年)

ページTOPに戻る